ゆんぼの覚え書きノートです。
覚え間違い、書き間違いがあると思います。
ご了承ください。
?なことはご自分の先生にお尋ねくださいね。
お稽古に興味のある方はぜひ、お茶室へおこしくださいね!
きょう
きのう
みんな
茶道日記 裏千家ロゴ


 
花(箱平点前)
お道具 箱(茶筅筒に茶筅、茶巾筒に茶巾しぼって入れ、ふりだし、平こなつめをおしふくに入れ茶碗に納め茶碗袋に入れる、その上に茶杓袋に入れた茶杓、こふくさ置き、ふくさ(草にさばき)のせ蓋閉める)を盆にのせる、けんすい、瓶ちょう
お点前



盆を柱つきに置く。
「粗茶さしあげます」 正面中央に置く(畳16目)
建水もって入り正面に座り、建水置く。
盆を持ち、体ごとやや右ななめを向き、膝前に置く。
箱を勝手つきに置き、蓋を取り、釜正面に置く。
ふくさ右手でとりさばいて左手で蓋を持ち、蓋を三の字にふき、ふくさ盆の左に仮置き。
右手でこふくさを取り箱の蓋の上に置き、お茶杓取りこふくさの上に縦に置く。
右手でふりだしを取り出しまわして出す。「どうぞお取り回しを」
客:ふりだしを取り一礼、置き、次客に「お先」点主に「頂戴致します」懐紙をだしふりだしの蓋を開け、懐紙の端に置き、まわしだす。蓋をしめ、次客との間に置く。いただく。
箱に手を添えて、茶碗右で上から持ち、盆に置く。
茶碗袋(長緒の扱い)の紐を引きほどき、握りこんで茶碗横に向け、元を押さえ少し引き、向こう手前と引き(中心から左右へ)、持ち上げ紐を左小指に引っ掛け、右左ときり茶碗とりだし、置く。茶碗袋の紐をとんぼ結びし(輪にして手前から輪へ入れ袋の中へ入れる)、二つ折りし左もって箱の中へおさめる。
なつめの紐をひとつほどき、手の平にのせ、結び目を持ち少し向こうへ引き、左右のしわを右手指でしごきのばし、右左と口を切り、なつめを取り出し盆の中央やや左に置く。おしふく左手で底を持ち、箱におさめる(茶碗袋の上に重ねる)。
茶杓右手で取り、左手でかい先をはずし、左で持ち、右手で下から押し出し上から1、2と抜き出し、左扱って右手で茶碗の右下に置く。
茶杓袋をたたみ結び(上を手前に折り、下からかぶせ結ぶ)、箱におさめる。
左手で茶筅筒を取り、茶筅を右で押し出し、1、2と抜き取り茶碗に横向きに入れ、筒を置く。
茶巾筒左手で取り茶巾取り出し盆の右に横向き(先が右)に置き、
筒を置く。
箱の蓋を閉め、箱、けんすい繰り上げ。
ふくささばき直し、こなつめ左手で上から取り、右扱って左手の平にのせふく(この字、甲ふき)。右扱って左手で置く。
お茶杓右手で取り、ふくささばき直してふく。左扱って右で置く。
茶巾をたたみかえて置く。
ふくさ取り、瓶ちょうの蓋を閉める。
茶碗に湯をくむ(瓶ちょうの扱い−右でふくさ取り、瓶ちょうを左で取り右手ふくさでふたをおさえて入れる)。
茶筅通し(コン、見上げてコン、2回、いりのしで抜く)、茶筅盆の茶巾の上に置く。
湯を捨て、茶巾取り、茶碗拭く(3回半)。茶碗置き、茶巾置く。
こなつめとり、右扱って左にのせ蓋を開け、茶杓とり、茶を入れる(1杓半)。こなつめの蓋をして置き、茶碗のふちでコン、茶杓置き、ふくさ取り湯を汲みたてる。
こふくさ取り、おいて広げてその上に茶碗を置く。
お客:こふくさごと取り込み、次客との間に置き、「お先に」膝前に置き「お点前頂戴致します」、こふくさごと持ち、手の平で茶碗だけ少しまわして(正面を避ける)いただく。飲み終わったら手の平でまわし縁外にだし拝見する。
客:茶碗を返す。こふくさの右向こう左前持ちまわしてかえす。
茶碗取り込み、こふくさたたみ右膝横へ仮置。湯をくみ捨てる。
客:「どうぞおしまいを」
片手をついて一礼。茶碗をおいて「しまわせていただきます」
客:ふりだし返す
こふくさ箱の蓋の上に置き、 ふりだしを右膝横にとりこみ仮置。
湯を入れ、茶筅通し(1回)、茶筅盆に置く。
湯を捨て茶巾でふき、茶碗置く。茶巾盆に置く。
ふくさとり、さばいて茶杓ふき置く。ふくさ払い、置き、建水、箱下げる。
箱の蓋あけ、釜正面に置く。
茶筅筒取り、茶筅納めて箱の中に納める。
茶巾持ち、筒を取りつつの横でもう半分に折り筒に納め置く。
左で茶杓袋取り、ほどき茶杓おさめ、箱の蓋のこふくさの上に置く。
おしふく取りなつめ入れ、茶碗の中で紐を結ぶ。
茶碗袋を取り、ひもをひきほどき左の小指にひっかけ口を広げ茶碗入れ下に置く。きちんと入れ結ぶ(長緒の扱い)。
茶碗右で持ち左添えて箱におさめる。
ふりだし右で箱におさめる。
茶杓置き(ななめ)、こふくさなおす。
ふくさで瓶ちょうのふたを切って、さばきなおし箱に納め、蓋をする。
箱を盆にのせ、盆ごと持ち釜正面に向き、置く。
建水持ってかえる。
盆をもってさがり、 柱つきに置き「失礼致しました」ふすま閉める。