ゆんぼの覚え書きノートです。
覚え間違い、書き間違いがあると思います。
ご了承ください。
?なことはご自分の先生にお尋ねくださいね。
お稽古に興味のある方はぜひ、お茶室へおこしくださいね!
きょう
きのう
みんな
茶道日記 裏千家ロゴ


 
風炉濃茶茶筅荘り
お道具 塗蓋の水指し、お運び用の茶碗に茶巾、茶筅、茶杓納める、使うお茶碗に茶入れを入れる。こふくさ懐中に。
お点前

水指しを正面にかざり、茶碗を運ぶ。茶杓を水指しに置き茶筅茶碗の右横に仮置きして茶巾を蓋の上に置きその上に茶筅をたててかざる。
使う茶碗に茶入れを入れて水指しの前にかざりお迎えつけ。「どうぞお入りを」ふすまを閉める。
お菓子を運ぶ:主客の前に置きがって立ち退室「どうぞお取り回しを」ふすまを閉める。
客:菓子盆を取り一礼、置き、次客に「お先」点主に「頂戴致します」懐紙をだし膝前に置きお菓子を取り置く。次客との間にお盆を置く。いただく。
ふすまを開ける。
けんすい(中に蓋置き、上に柄杓ふせる)持って入り、ふすまを閉める。
点前に座り、けんすい置く。
柄杓構えて蓋置き出し、風炉の左角半掛けに置き、柄杓置き(カツンポトン)、総礼。けんすいくりあげる。 
置きあわせ(茶碗ー両手で膝前、茶入れ右で取り茶碗の下に置く)
おしふくのひもをほどき横向きに置き直し手の平におき右左と口を切り茶入れを取り出し置く。おしふくは(右手にもちかえ右横を持ち、水の方向にひっくり返し、左手にのせ右手で底を持ち)水指しの左側に置く(結び目が水指しの方向くように)。
ふくささばき(草の四方さばき−六方さばき)、茶入れをふき(蓋二引き胴2回回し拭き)、水指しの左前におく。
ふくささばき直し、茶杓拭き、茶入れの上に置く。その横に茶筅取り置く。
ふくさ指に挟んで柄杓構えて、釜の蓋あける。ふくさ建水の下に置く。
湯をくみ、茶筅入れ茶碗下げる。茶筅通し(コン、見上げてコン、2回、いりのしで抜く)
湯を捨て、茶巾取り、茶巾で拭く(3回半)。茶碗置き、茶巾釜の蓋の上に置く。
茶杓持って左で茶入れを取り、茶杓を握りこんで蓋を取り茶碗の右横に置き茶をくみ(3杓くみ出し、茶杓茶碗に仮置きし、回しだし)茶入れの口を向こう、手前とふき、蓋をして置く。茶をさばき茶碗の縁でコン(音は立てない)。茶杓を置く。水指しの蓋あける。
取り柄杓で水をくみ釜に入れ湯をくみいれ、置き柄杓、茶筅で練る。茶筅左にもたせて湯をくみ茶筅をまわしながら湯を入れゆるめる。出す。
お客:取り込み、持ったまま一礼、少しまわして(正面を避ける)いただく。
取り込んだら客つきむく。一口で「おふく加減は?」
客:「結構でございます」
茶名のやり取り。
客:茶を1口残し左茶碗を膝前に置き、「ただいまのお茶名は?」
点主:「松昔でございます」
客:「おつめは?」
点主:「能勢園でございます」
客:「先程は結構なお菓子をありがとうございました」お茶を飲み切る。飲み終わったら膝前に置き、懐紙かぬれ茶巾で茶碗を拭く(3回)。縁外にだし拝見する。
飲みきりの音で、点前に戻り、 水1杓くみ、ふくさ腰につける。
客:茶碗を返す。
茶碗取り込み草礼。
湯をくみ捨てる。
「一応おしまいいたします」
水を入れ茶筅通し。水を捨て、茶巾納め、茶筅入れ、茶杓持って けんすいさげる。
おきあわせ(水指しの右前に茶入れ、左前に茶碗ー右、左、右前)
釜に水1杓入れ釜の蓋閉める。柄杓蓋置きに置き、水指しの蓋閉める。
客:「お茶入れ、お茶杓、おしふく拝見を」
柄杓けんすいにふせて、蓋置き持って正面に回る。
茶入れ持って客つきへ向く。ふくささばきふく(蓋を拭いたらふくさ置いて蓋を取り縁を拭く。蓋をして茶入れを出す。
ふくさを腰につけ正面に戻り、茶杓を取り、点前からだす。
点前から右手でおしふくとり客つきから出す。
正面へ戻り、柄杓、蓋置き、けんすい持って退室。
客:茶入れ、茶杓、おしふくとりこむ。
茶碗持ってさがる。
水指し持って下がり、ふすまを閉める。
客:道具拝見(茶入れー縁外に置き、一礼、蓋をとって中をを拝見、
一礼して縁内の客との間に置く。茶杓ー縁外に置き一礼、拝見。縁内の次客との間に置く。おしふくー縁外に置き一礼、拝見。次客との間に置く。返す。
ふすまを開けて入室。客つき正面へ座る。
客:「お茶入れのおなりは?」
点主:「かたつき」
客:「お窯元は?」
点主:「瀬戸」
客:「お茶杓のお作は?」
点主:「鵬雲斎宗匠」
客:「ご名は?」
点主:「若男鹿」
客:「おしふくのお布地は?」
点主:「山波緞子」
客:「ありがとうございました」
右手でおしふくの底を持ち左手にのせ、お茶杓のせ、右で茶入れをもちさがる。
柱つきに茶入れ、茶杓、おしふく置き「失礼致しました」ふすま閉める。